スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
結婚したい?したくない?一人でいたい?
JUGEMテーマ:婚活

今まで、本当に様々な方たちとお話ししていきました。

ブライダルMCをしていた頃は
幸せに向かって歩き始めたカップル
婚活業界に携わってからは
パートナーを探して模索している方たち

それはもう、いろんな方がいらっしゃいましたよ

今日は婚活についてお話した方についてお話しますね




私がアドバイザーと呼ばれていた頃

私たちアドバイザーは、
まずアクセスして下さった方たちへの電話案内から
仕事が始まります

「出会い系のサイトかと思った」
「無料で紹介してくるんじゃないの?」
「あー・・・俺結婚しているから」
「結婚したいわけじゃないから」


なんて人が多い中
「出会いが無いので、ちょっとだけ興味があって」
なんて声を聞くと、心からホッとしたものです

でも、どんな答えが返ってこようと
「ご紹介無料ではないですが、話を聞いてみるのは無料ですから」
なんて話を切り出して
仲良くなって、その方の本音を引き出します


それでも、
「イヤ、結婚するつもりはないんだ」
「子供を望めないのなら結婚する意味はない」
「妥協してまで結婚したくない」

そうおっしゃる方も少なくありません


そんなに「結婚」を真剣に考えているのに
なぜ動かないのだろう
と単純に思います

年齢や状況に応じて
パートナーに要求することや期待することって違いますよね。

例えば
20代では、そんなに急ぐのではなく
これから先何十年も一緒に歩いていける人を
年収も、仕事も、容姿も大切。
でも可能性を視野に入れて


30代40代では、自分の一番重要だと思う事は
ちゃんと考えてみて。
でも、ちょっと急いでみてね

50代を過ぎてからは、学歴や年収ではなく
二人でいる空間に違和感がないかどうかを確かめて。
これから先、ずっと一人でいられるかどうかを
自分に問いかけてみて。



婚活をしてみるのなら、
ただ情報を提供してくれる、チャンスを与えてくれるだけでは、
そのチャンスをどう活かすかは
あなた次第。
多すぎる情報は、かえって目移りしてしまって
じゃまになるだけです。

目の前にいる人に一時集中して
ゆっくり考えられる環境を作りましょう。


そして、何より
信頼できるカウンセラーを探してみて下さい。

間違えないで!
婚活業界では

アドバイザーではなく!
カウンセラーを選んでね。


おすすめの相談所をご紹介します。
興味のある方は
facebookページからメッセージを頂ければ
お返事させて頂きます。




 



ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ

ゆ〜みん / 婚活 / CM(0) / TB(0)
婚活について、改めて考えてみた
JUGEMテーマ:婚活

大手の結婚情報サービス会社に勤めて8年弱かな・・・

辞めて今、外側から素直に考えてみました


「出会いのチャンス」を提供しています
地域密着型という言われる小さな紹介所では人数が少ないですよね
E佻燭靴討い襪垢戮討凌佑両霾鵑鯆鷆,靴泙垢ら、自分で選んで下さいね
い返事はリアルタイムで貰えるので、結果は早く分かりますよ
「結婚」するかどうかは、お二人次第ですよ
ο⇒軅茲慮魎垢蘯由ですから
Ъ蠍気覗瓦討両霾鵑鮓れますから
男女共に同じコースで登録していますから、女性も真剣です
一度断られても、もう一度トライ出来るんですよ


今まで、こんな特徴を紹介してシステムを選んで頂いていました

事実をちゃんと伝えて、自分で判断して貰っていたのも事実ですが、
真実を伝えてはいなかったと思います。

例えば
.船礇鵐垢鮗分自身で掴む事ができないから相談にみえるんですよね
多くの情報を一度に検索出来てしまうと、逆に選べなくなってしまうんです
クリック一つで「お断り」って簡単に出来てしまうからあまり考えないんです
プロフィールで比べて、スペックの高い方しか選ばなくなってしまいます
ハ⇒軅茲慮魎垢牢蔽韻暴侏茲討靴泙Δらこそ教えないんです
γ任辰討眞任辰討眛韻舷佑らの「お申込み」がありますよ



会社を離れてみて、自由な立場でいろいろなシステムを見てみると

選ぶのは男性側の方が大きな視点で選ぶのかも・・・
プロフィールだけでは解らないと言葉では言いながら、女性はスペックで選びがち
写真で選ぶのも、女性の方が基準が厳しい・・・
「会う」「話す」事が何よりも大切!
一度に沢山のプロフィールを見すぎない方が逆に選べる


そして、小さな相談所の方がお世話していただけるかも・・・



もう一つ!
相談所が企画する合コンやパーティでは、積極的な方じゃないと難しい
少人数だろうと、大人数だろうとそれは変わらないって事です


最期にこれだけは大きな声で言える!

コンピューターマッチングや、メールからスタートする紹介方法は
上手くいく人は限られているって事



婚活を決意して、どこかのシステムを利用しようかと思ったら、
とことん比べてみて、すぐに登録は決めない方が良いです。

即決するのも勇気だけど、いくつか話を聞いてみて

「比べてみます!」

と言うのが、正しい勇気だと・・・

私は思います。


今、私はおすすめしたい相談所が一つありますが・・・
それはまた今度ね
 
ゆ〜みん / 婚活 / CM(0) / TB(0)
七夕の由来から・・・
JUGEMテーマ:日記・一般

7月がスタートしましたね
今年も下半期に突入です。
みなさんは、どんな前半戦でしたでしょうか
私は、いつになく占いに触れる機会が多かったですね
ジプシー占いや手相・石導、そして占星術

どれもこれもみな違うんですが、
内容の中には一貫して
「何かが動く時ですよ。来年の春にはきっと大きく変わるかも・・・」
なんでしょうね〜
でも、せっかくですから、これらの自分を
もう一度考え直して、自分で自分を
演出できたらいいな〜
と思ったりします



さて、もうすぐ7月7日
みなさんは天の川を見た事はありますか?
私は一度あります
天体望遠鏡は好きで、小学生の頃
両親に初めて拝み倒してまで買ってもらったのが
反射望遠鏡でした。
天の川は望遠鏡ではよくわからなかったんですが、
山で夜を迎えた時、「降る様な星空」ってコレか
と思える様な日がありました
その時に見た「天の川」、とても印象的でした



そもそも、「七夕伝説」ってご存知です

簡単に言うと

とても働き者の織姫と彦星に神様がご褒美として
お互いを引き合わせました。
二人とも、ひとめぼれでとても仲の良い夫婦になったのです。
が、仲が良すぎて今度は二人ともが働かなくなってしまったのです。
神様は怒って、二人を天の川の西と東に追いやってしまいます。
毎日泣いてくらす二人をかわいそうに思い、
仕事をするならば、「年に一度会う事を許そう」と
それが7月7日。
それからの二人は、年に一度会える日を楽しみにして
一生懸命働く様になりました。


とこんな感じですね・・・

夏の夜空を流れる天の川を目にする事が出来たら
二人の出会いを思い出すと良いかもしれませんね
大切な人に会える日を楽しみに
働く力が湧いてきて、頑張る気持ちが育つのでしょう


ではなぜ「笹」に「短冊」

笹は邪気を払う力があると言われていますし、
笹の葉は舟の形に似ている事から
願を流れにのって届けてくれるという思いがあるのだそうですよ。
短冊に願いを書くというのは、
江戸時代から、
思いを和歌に込めて短冊に書くという習慣からくるのだとか・・・

短冊と一緒に折り紙で作られる飾りにも
それぞれ意味があるんですって

例えば、
「吹き流し」は、織姫の様に機織りが上手になりますように
まぁ、現代ではあまり機織りしませんけどね
「網」は豊漁になりますように
「屑籠」は、整理整頓が上手に出来ますように
等など・・・気になったら調べて見てくださいな


とにかく、年に一度
夜空を見上げて、織姫と彦星の恋物語を思い出してあげて下さい。

あれがアルタイル(彦星)で、あれがベガ(織姫)
こと座とわし座の間にあるのが天の川
すぐそばの白鳥座のデネヴと繋いで
夏の大三角形です。
って、星座講座になっちゃいますが

きっと大雨で川が渡れなくても
白鳥座が助けてくれるんですよ

よくこの時期、雨がふりますもんね

今年は大丈夫でしょうか


力が湧いてくるような素敵な出会いを
ぜひ探して下さい

 




ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ








ゆ〜みん / - / CM(0) / TB(0)
6月の花嫁〜ジューン・ブライド
JUGEMテーマ:恋愛/結婚

「6月」と聞いて、多くの女性がイメージするのが
ジューン・ブライドではないでしょうか



では、皆さん
「ジューン・ブライド」の由来はご存知

まぁ、有名な言葉ですからきっとご存知ですよね。

ローマ神話で、「結婚」を司る女神「JUNO」
6月の月名「JUNE」に由来して
6月は結婚や女性の権利を守護する月
とされるという説と

ヨーロッパでは「復活祭」が行われる6月は
全体的にお祝いムードとなり
多くの人から祝福される花嫁は幸せになるだろう
という言い伝えからくるという説

どちらも、有名ですが

先日、ある番組で「実は・・・」というお話を聞きました

日本で「ジューン・ブライド」がこんなに定着するきっかけになったのは、
ホテル業界の企業戦略なのだそうです

6月といえば、日本では湿度が高く、雨も多い
とにかく気持ちの良い季節とは言い難い為、
6月は挙式数も少なく、売上は全く期待できない月だったそうです
そこで、このヨーロッパの言い伝えを前面に出した
PR企画です。

6月の落ち込みをなんとかしようと企画した
「ジューン・ブライド」


知ってしまうと、なんだかロマンチックとは
縁遠いような気もしますが

今では、このジューン・ブライドに憧れて
6月の挙式数もとても多くなっていますよね

招かれる方は、雨の心配や
しっけが多く髪型が決まらない・・・などと悩まされますが
それよりも「ジューンブライド」ですよね


今月、結婚式に招かれた方はどの位いらしたんでしょうね。

私は最近、あまり招待客にはならなくなりましたね〜
年のせいでしょうか・・・



ところで、皆さん
「結婚記念日」っていつですか
入籍をした日
それとも、結婚式を挙げた日

私は、ずっと挙式日だと疑いもしませんでした。

ついこの間、このジューン・ブライド繋がりで
こんな質問を目にしました。

「○月に入籍しましたが、式は6月に挙げます。
これはジューン・ブライドと言っても良いでしょうか?」

そうか
どっちを取るのかな・・・
意見はいろいろでしたが、どう思われますか

ワタシは、挙式日だと思っています。
お世話になった方々に「結婚」を報告し、
笑顔で祝福して頂く

これが大切なのかなと思うから

でも、今はおめでた婚が多くなってきているからか
結婚式を挙げないカップルも急増中ですから
その場合は、2人で届けを提出した日が
何よりの記念日なのかもしれませんね

職場の後輩さんにちょっと聞いてみました

「結婚記念日って入籍した日と結婚式をした日とどっちだと思う?」
「入籍した日ですよね。
式を挙げた日は結婚式記念日だって皆言ってます」

なんと両方が記念日なんだ
そうか・・・そうですよね〜
両方、忘れられない日ですものね


婚活真っ最中の皆様
記念日はいつにしたいですか



 



ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ

ゆ〜みん / 婚活 / CM(0) / TB(0)
「ご縁ハンター」面白かったです♪
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
全3回で終了の短い連ドラ「ご縁ハンター」
やっぱり面白かったです

全部見終わったところで、
感想、いってみよう

ご縁ハンター



「婚活」を決意したリカさん
そのきっかけは、母の再婚でした。
婚活サイトで出会ったのだという事に衝撃を受け、
自分も登録してみることに

初めて婚活パーティに出た時に出会ったのが
「ハナゲ君」ことエイキチ君でした
さえない彼と不本意ながらカップルが成立してしまいましたが、
逃げるようにかえってしまったのです。

このドラマの中で
セミナー講師として登場する
「婚活マスター結」からは
様々なアドバイスがもらえます

「結婚したいのに出来ないのは、相手のせいでも社会のせいでもなく
あなた自身に原因がある」
自分を変える努力は必要だと思います

「婚活市場は、あなたが誰かを選ぶ場所じゃない
誰かに選んでもらう場所なんです」
お互いに選ばれないと始まらないですからね

「独身証明ひとつで、ぐんと信用度が上がる。恥を恐れないで」
正直に申告しているとは思いますが、やっぱり証明書は必要だと・・・

「男性が求めるのはオンナ。女性が憧れる女性を目指すのは
婚活市場では最安値になってしまう。」
そもそも家庭的って何だろうとは思いますが、
かっこいい女性は男性から敬遠されてしまいがちなんですね


「寂しいから、将来が不安だからと言って結婚する人は
結婚してもいずれ同じ不安を持つ」
なぜ結婚したいのか、どんな風になりたいのか、
考える必要がありそうですね


などなど、私たちカウンセラーが言いたい事を
すべて言ってくれてるような・・・

もうひとつは
当事者である、リカさんやハナゲ君たちの会話の中にも
そうなの!そこにみんな気づいてほしいの!
という事がちりばめられておりました。

たとえば、リカさんとエツコさんの会話

リカ「みんななんで結婚したいんですかね」
エツコ「家族が欲しいと思わないの?」
リカ「いつかは・・・」
エツコ「私はそれで45になっちゃったけどね」


まさにそうです皆「いつかは・・・」
のまま年を取ってしまうんです

もう一つの例えば、婚活女子同志の会話

「良いと思う男は結婚してる。」
「実際会うと変な人が多い」
「車で山奥に連れて行かれたら?」
「怖くない?ネットで会った人と○○」
「家族に婚活の事話せない」


まさにおっしゃる通りですが、
素敵な人もいるのも事実!
勇気を出さないと進展しないのも事実!
家族には宣言なんてする必要はありません。
相談する人を別に探せば良いんです。
ちなみに、カウンセラーはそのための存在です


まだまだ、感想は続きますが、
長くなりそうなので、続きは下をクリックしてね



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
続きを読む >>
ゆ〜みん / 婚活 / CM(0) / TB(0)