スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< 6月の花嫁〜ジューン・ブライド | main | 婚活について、改めて考えてみた >>
七夕の由来から・・・
JUGEMテーマ:日記・一般

7月がスタートしましたね
今年も下半期に突入です。
みなさんは、どんな前半戦でしたでしょうか
私は、いつになく占いに触れる機会が多かったですね
ジプシー占いや手相・石導、そして占星術

どれもこれもみな違うんですが、
内容の中には一貫して
「何かが動く時ですよ。来年の春にはきっと大きく変わるかも・・・」
なんでしょうね〜
でも、せっかくですから、これらの自分を
もう一度考え直して、自分で自分を
演出できたらいいな〜
と思ったりします



さて、もうすぐ7月7日
みなさんは天の川を見た事はありますか?
私は一度あります
天体望遠鏡は好きで、小学生の頃
両親に初めて拝み倒してまで買ってもらったのが
反射望遠鏡でした。
天の川は望遠鏡ではよくわからなかったんですが、
山で夜を迎えた時、「降る様な星空」ってコレか
と思える様な日がありました
その時に見た「天の川」、とても印象的でした



そもそも、「七夕伝説」ってご存知です

簡単に言うと

とても働き者の織姫と彦星に神様がご褒美として
お互いを引き合わせました。
二人とも、ひとめぼれでとても仲の良い夫婦になったのです。
が、仲が良すぎて今度は二人ともが働かなくなってしまったのです。
神様は怒って、二人を天の川の西と東に追いやってしまいます。
毎日泣いてくらす二人をかわいそうに思い、
仕事をするならば、「年に一度会う事を許そう」と
それが7月7日。
それからの二人は、年に一度会える日を楽しみにして
一生懸命働く様になりました。


とこんな感じですね・・・

夏の夜空を流れる天の川を目にする事が出来たら
二人の出会いを思い出すと良いかもしれませんね
大切な人に会える日を楽しみに
働く力が湧いてきて、頑張る気持ちが育つのでしょう


ではなぜ「笹」に「短冊」

笹は邪気を払う力があると言われていますし、
笹の葉は舟の形に似ている事から
願を流れにのって届けてくれるという思いがあるのだそうですよ。
短冊に願いを書くというのは、
江戸時代から、
思いを和歌に込めて短冊に書くという習慣からくるのだとか・・・

短冊と一緒に折り紙で作られる飾りにも
それぞれ意味があるんですって

例えば、
「吹き流し」は、織姫の様に機織りが上手になりますように
まぁ、現代ではあまり機織りしませんけどね
「網」は豊漁になりますように
「屑籠」は、整理整頓が上手に出来ますように
等など・・・気になったら調べて見てくださいな


とにかく、年に一度
夜空を見上げて、織姫と彦星の恋物語を思い出してあげて下さい。

あれがアルタイル(彦星)で、あれがベガ(織姫)
こと座とわし座の間にあるのが天の川
すぐそばの白鳥座のデネヴと繋いで
夏の大三角形です。
って、星座講座になっちゃいますが

きっと大雨で川が渡れなくても
白鳥座が助けてくれるんですよ

よくこの時期、雨がふりますもんね

今年は大丈夫でしょうか


力が湧いてくるような素敵な出会いを
ぜひ探して下さい

 




ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ








ゆ〜みん / - / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://trifolium.jugem.jp/trackback/482
この記事に対するトラックバック