スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< 「ご縁ハンター」面白かったです♪ | main | 七夕の由来から・・・ >>
6月の花嫁〜ジューン・ブライド
JUGEMテーマ:恋愛/結婚

「6月」と聞いて、多くの女性がイメージするのが
ジューン・ブライドではないでしょうか



では、皆さん
「ジューン・ブライド」の由来はご存知

まぁ、有名な言葉ですからきっとご存知ですよね。

ローマ神話で、「結婚」を司る女神「JUNO」
6月の月名「JUNE」に由来して
6月は結婚や女性の権利を守護する月
とされるという説と

ヨーロッパでは「復活祭」が行われる6月は
全体的にお祝いムードとなり
多くの人から祝福される花嫁は幸せになるだろう
という言い伝えからくるという説

どちらも、有名ですが

先日、ある番組で「実は・・・」というお話を聞きました

日本で「ジューン・ブライド」がこんなに定着するきっかけになったのは、
ホテル業界の企業戦略なのだそうです

6月といえば、日本では湿度が高く、雨も多い
とにかく気持ちの良い季節とは言い難い為、
6月は挙式数も少なく、売上は全く期待できない月だったそうです
そこで、このヨーロッパの言い伝えを前面に出した
PR企画です。

6月の落ち込みをなんとかしようと企画した
「ジューン・ブライド」


知ってしまうと、なんだかロマンチックとは
縁遠いような気もしますが

今では、このジューン・ブライドに憧れて
6月の挙式数もとても多くなっていますよね

招かれる方は、雨の心配や
しっけが多く髪型が決まらない・・・などと悩まされますが
それよりも「ジューンブライド」ですよね


今月、結婚式に招かれた方はどの位いらしたんでしょうね。

私は最近、あまり招待客にはならなくなりましたね〜
年のせいでしょうか・・・



ところで、皆さん
「結婚記念日」っていつですか
入籍をした日
それとも、結婚式を挙げた日

私は、ずっと挙式日だと疑いもしませんでした。

ついこの間、このジューン・ブライド繋がりで
こんな質問を目にしました。

「○月に入籍しましたが、式は6月に挙げます。
これはジューン・ブライドと言っても良いでしょうか?」

そうか
どっちを取るのかな・・・
意見はいろいろでしたが、どう思われますか

ワタシは、挙式日だと思っています。
お世話になった方々に「結婚」を報告し、
笑顔で祝福して頂く

これが大切なのかなと思うから

でも、今はおめでた婚が多くなってきているからか
結婚式を挙げないカップルも急増中ですから
その場合は、2人で届けを提出した日が
何よりの記念日なのかもしれませんね

職場の後輩さんにちょっと聞いてみました

「結婚記念日って入籍した日と結婚式をした日とどっちだと思う?」
「入籍した日ですよね。
式を挙げた日は結婚式記念日だって皆言ってます」

なんと両方が記念日なんだ
そうか・・・そうですよね〜
両方、忘れられない日ですものね


婚活真っ最中の皆様
記念日はいつにしたいですか



 



ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ

ゆ〜みん / 婚活 / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://trifolium.jugem.jp/trackback/481
この記事に対するトラックバック