スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< ご縁ハンター | main | 6月の花嫁〜ジューン・ブライド >>
「ご縁ハンター」面白かったです♪
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
全3回で終了の短い連ドラ「ご縁ハンター」
やっぱり面白かったです

全部見終わったところで、
感想、いってみよう

ご縁ハンター



「婚活」を決意したリカさん
そのきっかけは、母の再婚でした。
婚活サイトで出会ったのだという事に衝撃を受け、
自分も登録してみることに

初めて婚活パーティに出た時に出会ったのが
「ハナゲ君」ことエイキチ君でした
さえない彼と不本意ながらカップルが成立してしまいましたが、
逃げるようにかえってしまったのです。

このドラマの中で
セミナー講師として登場する
「婚活マスター結」からは
様々なアドバイスがもらえます

「結婚したいのに出来ないのは、相手のせいでも社会のせいでもなく
あなた自身に原因がある」
自分を変える努力は必要だと思います

「婚活市場は、あなたが誰かを選ぶ場所じゃない
誰かに選んでもらう場所なんです」
お互いに選ばれないと始まらないですからね

「独身証明ひとつで、ぐんと信用度が上がる。恥を恐れないで」
正直に申告しているとは思いますが、やっぱり証明書は必要だと・・・

「男性が求めるのはオンナ。女性が憧れる女性を目指すのは
婚活市場では最安値になってしまう。」
そもそも家庭的って何だろうとは思いますが、
かっこいい女性は男性から敬遠されてしまいがちなんですね


「寂しいから、将来が不安だからと言って結婚する人は
結婚してもいずれ同じ不安を持つ」
なぜ結婚したいのか、どんな風になりたいのか、
考える必要がありそうですね


などなど、私たちカウンセラーが言いたい事を
すべて言ってくれてるような・・・

もうひとつは
当事者である、リカさんやハナゲ君たちの会話の中にも
そうなの!そこにみんな気づいてほしいの!
という事がちりばめられておりました。

たとえば、リカさんとエツコさんの会話

リカ「みんななんで結婚したいんですかね」
エツコ「家族が欲しいと思わないの?」
リカ「いつかは・・・」
エツコ「私はそれで45になっちゃったけどね」


まさにそうです皆「いつかは・・・」
のまま年を取ってしまうんです

もう一つの例えば、婚活女子同志の会話

「良いと思う男は結婚してる。」
「実際会うと変な人が多い」
「車で山奥に連れて行かれたら?」
「怖くない?ネットで会った人と○○」
「家族に婚活の事話せない」


まさにおっしゃる通りですが、
素敵な人もいるのも事実!
勇気を出さないと進展しないのも事実!
家族には宣言なんてする必要はありません。
相談する人を別に探せば良いんです。
ちなみに、カウンセラーはそのための存在です


まだまだ、感想は続きますが、
長くなりそうなので、続きは下をクリックしてね



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ


さて、婚活マスターのアドバイスを素直に受け入れるハナゲ君
話下手を克服するために、1000人声掛けノックに挑戦し始めます
道をあるく女性に片っ端から声を掛けるんです。
一歩間違えなくても「変な人」ですよね
でも、そのお蔭で
彼の中で何かが変わったようですよ


一方、リカさんは自分から思い切ってメッセージを送ります。
仮面舞踏会で出会ったイケメン教師「オカムー」ことケンスケさんです。


でもこの人、ちょっと・・・
デート中、他にも会っている女性がいると、しれっと言います。
「婚活ってそういうものでしょ?
何人も会って、比べて、一番いい結婚相手を探し出す。
そのために婚活サイトがあるんだよね。
結婚と恋愛は違う。一生の相手を探すんだから、失敗したくないんだ
そんなに簡単にこの人だって思いこまない方がいい。
いろんな人と会って、そのうえで俺を選んでほしい。」

ある意味かっこいいと思います
でも、それをわざわざ二人でいるときに話すのは
ちょっと頂けないかな・・・
これは、婚活マスター(カウンセラー)のセリフですよね。

次に会った時に、
「そっちはどう?婚活」
「まぁまぁかな・・・」
という会話に納得がいかず、リカさんは
自分のことをどう思っているのか聞いてみました。
ケンスケ「さっぱりしていていい人だと思う。話していても楽しい。
でも、家庭的ではないかも。」


やっぱり、家庭的な女性なんだ!

ふんわりスカートを着て、お弁当でも作れば良かったのかと
詰め寄るリカさんに
「そんな、ラシクナイことをされても・・・」
じゃぁ!どうすれば良いんだ!
と、リカさんで無くても言いたくなるよね

登場人物、皆が何かにぶち当たっています

そもそも、婚活を始めた動機は何だったんでしょう・・・
なぜ、「結婚」がしたいんでしょうね・・・



リカさんは依然お断りしてしまった
バツイチ・自営・年収400万のお豆腐やさん
付き合い始めました。

「一緒に飯が食える相手が欲しくなった」
という彼の為、
どうすれば一緒に過ごせる時間を増やせるのかを考えました。
「歩み寄り」を提案するリカさんに
彼はなかなか答えません。
リカさんはいらいらして
「結局あなたは自分の事だけなのよ!」と。
でも、個人経営のお豆腐やさんが
開店時間や定休日を変える事が
どういう事なのか、理解しようとしなかったのは・・・

そう、相手の気持ちや状況をちゃんと確かめないで提案する
「歩み寄り」こそが、独りよがりなんですね


その事に気づいたリカさんは、きっと幸せになれます。


最初の理想とはかけ離れたお豆腐やさんと交際しているリカさん
生活リズムも仕事内容も全く違う。
でも、自分の事を真剣に考えてくれる人です。
きっと二人にとって「ベストな歩み寄り」が出来ますよ

ヨガインストラクターのエツコさんは、今の生活スタイルを捨てて
広島にお嫁入りを決めました。

エイキチさんとチホちゃんは、お付き合いして
エイキチさんのお母様にまでお会いしたのに、結局お別れ。
「結婚出来れば誰でも良かったんだ。」
とお互いに気付かされたんですね。
やり直しです。



ひとりでいるからこそ楽しめる人生もあります。
それも確か。でも、
死ぬまで一人でいる覚悟が出来なければ、
一度は真剣に出会いを探してみてください。

「結婚」は、皆がするからしなくちゃおかしい
のではなく、一緒にいたい人がいるから「結婚」するんです

「婚活」って就活より難しいです
でも、就活より成長できますよ





ポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ








ゆ〜みん / 婚活 / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://trifolium.jugem.jp/trackback/480
この記事に対するトラックバック