スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
007/カジノロワイヤル〜試写会♪♪♪
やっぱり映画になっちゃいました楽しい


007main
========ストーリー=================
国家予算1500万ドルを賭けた、カジノでのポーカーゲーム。それがジェームズ・ボンドの最初の任務だ。敵は、世界中のテロリストに資金を提供する“死の商人”ル・シッフル。ボンドのパートナーは、監視役として送り込まれた美女、ヴェスパー。最初は彼女を信用しなかったボンドだが、彼女の勇気と思いやりの深さに心を奪われていく。全財産を賭けた白熱の戦いに惨敗したル・シッフルはヴェスパーを拉致、追いかけるボンドにさらなる罠と危険が降りかかる。しかし、ボンドに一生消えない刻印を残した真の衝撃は、もっと先に予想もしない形で待ち受けていた…。[ 2006年12月1日公開 ]
=============================

最近、試写会当選率絶好調〜♪

んでも、仕事の都合上なかなか行けなくなる可能性大悲しい
それでも応募しつづける私。


さて、今回はぎりぎり時間に間に合いました。
007最新作 「007/カジノロワイヤル」

つい最近観た「Mi掘廚汎韻MI6が題材ですよね〜
スパイ映画としては「スパイ大作戦」(Miシリーズ)と並ぶロングシリーズ。
どっちもおもしろいしんですけど、スパイ映画としてはこっちの方が格上でしたね。

シリーズ21作目となる今回は、ボンドが007になるまでの人間ジェームス・ボンドがテーマだと聞いていたんだけど、
あんまり人間味を感じなかったのか私だけでしょうか・・・

007-2

ボンドが“00”つまり殺しのライセンスを得るまでの映像は冒頭モノクロで再現され
そのあと、007としての最初の任務が今回のストーリーなんだけど、

考えてみれば、時代設定がちょっと?だよね…
すんげぇ前のはずなんだけど、携帯電話大活躍だし
どう見ても現代の設定に見えるんですけど………


よろしかったらポチっとお願いハート大小
にほんブログ村 映画ブログへ

続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(2) / TB(4)
「ブラック・ダリア」鑑賞

========ストーリー=============
かつてはプロボクサーとして鳴らした、警官のバッキーとリー。ロス市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に接近。仕事上でもバッキーは年長のリーに引き抜かれ、特捜課でコンビを組み始める。そんなある日、身体を腰から切断され、口を耳まで切り裂かれた若い女の全裸死体が空き地で発見される。間もなく死体の身元は、映画女優を夢見ながら娼婦まがいの生活を送っていたエリザベス・ショートだと判明。2人も事件の捜査に乗り出すが、リーはこの事件に異常な執着を抱き始め……。
==========================

一言で言うと「すごい映画でした」


ブラック・ダリア

実際にあった「ブラック・ダリア事件」を題材にして
人間関係が複雑にからみあいながらストーリーは進行していき、一見無関係に見える事件同志の予想外のつながりでした。

ふ…ふくざつで、名前も覚えきれないし、うっかりしていると展開についていけなくなりますびっくり


”ブラック・ダリア事件” についてこんな記事をあるブログからみつけたので、念のため載せておきます。どうでも良いという方は飛ばして読んでね。
(以下 ドラッグして反転させて読んでくださいな)

1947年 この年の1月15日、ロス市内の空き地で、若い女の全裸死体が発見された。その死体は、腰のところで真っ二つに切断され、顔は痣だらけのうえに口が両端から耳まで切り裂かれ、乳房には煙草の火を押しつけられた跡や切り傷があるなど、身体中に残酷な仕打ちが加えられていた。また、死体はすっかり血抜き、 洗浄され、遠目にはまるでマネキン人形のように見えた。
 被害者は、22歳のエリザベス・ショート。スターに憧れてハリウッドにやって来たものの、娼婦まがいの生活を送っていたことがわかった。彼女は漆黒の髪で、いつも黒い服を身につけていたことから、"ブラック・ダリア"と呼ばれることもあった。それを知ったマスコミはこの愛称に飛びつき、彼女は、 本名よりもブラック・ダリアとして有名になることになった。警察は、大々的な捜査を繰り広げたが、事件は未解決のまま現在に至っている。というのがそのあらましである。


映画の中のブラックダリア事件もほぼ同じです。

よろしかったらポチッとしてね揺れるハート

にほんブログ村 映画ブログへ




続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(0) / TB(4)
「虹の女神」鑑賞♪
久しぶりの邦画鑑賞です楽しい

ハイ!もちろん試写会ですチョキ



======ストーリー===============
映像制作会社に入社したての岸田智也(市原隼人)は、ドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおい(上野樹里)が、アメリカで命を落としてしまう。智也はあおいの家族を空港まで送るが、目の不自由な妹のかな(蒼井優)が渡米しないと言い出す。 (シネマトゥデイ)
========================
とっても普通の大学生がそこに居ました。
映画を作る事にあこがれて映画研究会に所属しているあおいと
いつでもどこでもすぐに恋愛モードになる優柔不断だけどにくめない智也。

主演女優の上野樹里って、NHK朝ドラ以来いろんな映画やテレビに出てますよね。
どの作品を見ても同じ印象を持った事が無くってすごい女優だなって思ってたんですけど、この「あおい」はとっても自然に見えました。

なんか、どこかドキュメンタリーのような…
「第一章 不思議な虹」とかなんとか、いくつかの章に分かれて構成されていて、



あおいの死のニュースをテレビで見る智也の姿からはじまり、二人の思いでがだんだん見えてくる。


よろしかったらポチッとお願い拍手
にほんブログ村 映画ブログへ

続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(2) / TB(20)
試写会〜イルマーレ〜


*********ストーリー******************
シカゴの病院の医師であるケイトは、湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。家を出る時、次の住人に宛てて手紙を残した。「郵便物の転送をお願いします。玄関の犬の足跡は元からありました」。新しい住人アレックは、玄関を見たが犬の足跡はなかった。しかし翌日、迷子の犬がやってきて、ペンキで足跡をつけた。アレックは、このことをケイトに手紙で知らせる。数回の手紙のやりとりからアレックは、ケイトが2年後の世界にいることを知る。2人の不思議な文通は続き、やがて愛し合うようになる。
*******************************

またも、映画ブログに戻ってしまいますが…

ひさしぶりに試写会が当たりましたラブ
「スピード」以来、12年ぶりの競演となるキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック。
しかも、ストーリーはなんとなくSFちっくなラブストーリーハート大小

「イルマーレ」は、韓国映画のハリウッドリメイク版です。



よろしかったらポチッとお願いね揺れるハート
にほんブログ村 映画ブログへ
続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(2) / TB(6)
デップ続けて♪

*****ストーリー*************************
1888年のロンドン。
2年前に妻子をなくし、アヘンでその苦しみから逃避しているアバーライン警部(ジョニー・デップ)は、娼婦の連続殺人事件を担当する。
聞き込みを続ける中、赤毛の美しい娼婦メアリ(ヘザー・グラハム)に惹かれ、やがて二人は愛と信頼を育むようになった。そしてアバーラインは、上流階級の人々が密かに参加している秘密結社フリーメイソンの黒い影を嗅ぎ付ける。
**********************************

お店に行くとついついデップの映画を探してしまうゆ〜みんです見る

先日の「ナインスゲート」に続いて借りてきてしまったのが「フロムヘル」
地獄より…なんてなんとなく想像がついてしまいそうなタイトルよね〜たらーっ

舞台は80年代のロンドン・ホワイトチャペル通り。
最高の雰囲気をかもしだしていましたね。
酒と薬におぼれて、現実逃避しながらも、事件の捜査をするデップ。


その特殊な才能で、謎を解き進んでいくんですけど、
切り裂きジャックをモチーフにしているだけに、スプラッタ的グロテスクな映像も出てきます。
ホラー映画が全然ダメって方は、苦手かもね。
ストーリーそのものよりも、映像が表現する80年代のロンドンにある種の魅力を感じる作品でした。
あのラストシーンも、こういう終わり方もあるのか…と思わせるもの。
決してハッピーエンドとは言えないアバーラインの最後です。

パイレーツシリーズのデップしか知らない人は、びっくりするほど違うデップの魅力を発見しますよ。

すべての作品で、違う魅力と印象を与えてくれるデップはやっぱりいい!


よろしかったらポチッとお願い揺れるハート
にほんブログ村 映画ブログへ

ゆ〜みん / シネマ / CM(0) / TB(1)
「ナインスゲート」レンタルしちゃいました♪


****ストーリー**************************
ニューヨーク。腕利きの稀覯書発掘人である本の探偵ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、悪魔の研究家としても名高い収集家ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)の依頼を受け、1666年発表の伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』を探すことに。
世界に3冊しか現存しないというこの本の1冊を入手したバルカンは、コルソに残る2冊を見つけて真贋を鑑定してほしいというのだ。法外な報酬もあって引き受けたコルソだが、その日から彼には謎の女(エマニュエル・セイナー)と共に怪しい影がつきまとう。
**********************************

「悪魔崇拝」がからんだサスペンスホラーカチンコ

あんまりホラーという印象は強くないんだけど、
パイレーツオブカリビアンを観てから、若き日のジョニーデップに急に会いたくなってしまってレンタルしてきてしまった作品でした。


オールバックに眼鏡にもみ上げ…ポランスキー監督の指導の元に役作りをしたというコルソはなかなかのものでしたポッ


神には聖書があるように、悪魔にも書が存在する。

世界に3冊しか無いという悪魔祈祷書「ナインスゲート」本物は1冊だけであとはニセ物というバルカンでしたが、本当は3冊そろって初めてその本当の役割を果たす。

謎解きの間はドキドキ感と共に謎の行方にどんどん引き込まれて行きます。
派手なアクションはないけれど、3歩進んで1歩戻る的な謎解きは私的には大好きです揺れるハート

映画全体の雰囲気作りは、さすがジョニーデップと言わざるを得ませんね。

ラストシーン、すべての謎をといたコルソがナインスゲートにたどり着いたところで終わってるんですけど…

続編が出そうな感じで終わって、出なかった作品ショック
パイレーツシリーズはデップにとって、はじめてのシリーズ物なんですねぇ拍手


よろしかったらポチッとお願いハート大小
にほんブログ村 映画ブログへ
ゆ〜みん / シネマ / CM(0) / TB(0)
M:I:3最終日鑑賞♪

*****ストーリー************************
スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、現場に復帰。リンジーの救出作戦に参加するが、彼女は頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。その後、一連の事件の裏に闇商人オーウェン・デイヴィアンがいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを秘密裏に確保すべく、一路バチカンへと向かうのだった…。(goo映画より)
*********************************

最終日になってしまって、あわてて映画館に行ってきました。9/1って、「映画の日」でもあるしね楽しい

で、とっても楽しみにしていたシリーズ3作目…んでも

う〜んきのこブルーなんだかスパイものを観ている気がしなかったのは、私だけでしょうか…

前2作に比べると、頭を使って作戦立てて…って感じがあんまりしなかったんすよねひやひや





確かにすごいアクションでした。
アクション映画としては、◎です拍手
トム・クルーズは危険なアクションにも自分でトライしたと聞きますし、




ミサイル攻撃を受けた橋の上でのシーンとか。






「ラビットフット」を追って行った上海での銃撃シーンとか。



よろしかったらポチッとしてね揺れるハート
にほんブログ村 映画ブログへ

続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(4) / TB(1)
パイレーツ・オブ・カリビアン〜デッドマンズチェスト


キャプテン・ジャック・スパロウ

かっこよかったですぅ〜ときめき

ジョニーデップにとっては、はじめてのシリーズ物となった第2作揺れるハート
ジャックスパロウはやはり、はまり役です♪

前作に比べても、少しも劣らないストーリー構成と迫力を増した感のアクショングッド
今回は、ウィル(オーランドブルーム)の存在感もUPしてハート大小さらに作品が魅力的になってましたわ♪

見所、つっこみ所、笑い所…
たっくさんあって、次の作品が待ちきれない感じのエンディングでしたおはな



良かったらポチッとしてねニコニコ
にほんブログ村 映画ブログへ
続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(0) / TB(1)
試写会♪「森のリトルギャング」


久々に当たったのがアニメ「森のリトルギャング」
おすすめ度★★★★☆


********ストーリー*******************
森の仲間たちが冬眠から目覚めると、なんと森の周りは人間の住宅地になっていた。
森が狭くなって、森の仲間たちはいつもハラペコ。そこに現れた風来坊のアライグマRJは、人間の家にはおいしい食べものがいっぱいある、と森の仲間たちを誘惑する。ヒトの町には危険がいっぱい!慎重な森のリーダー、カメのヴァーンが止めるのだが、みんなはおいしい食べものが欲しくて欲しくてたまらない。RJと一緒に、人間たちから食べものを盗もうと住宅地へむかうのだが…。森のリトル・リトルギャングVS人間の、食べもの横取りミッションが始まった!!?(シネマトピックオンラインより)
******************************

子供ばっかりかと思ったけど、意外とそうでもないことにちょっとびっくり!

「シュレック2」「マダガスカル」のドリームワークスアニメーションからの、
動物たちのアドベンチャーアニメだからとってもおもしろい。
古いところで言うと「ロジャーラビット」のようなテンポの良さに、ついつい笑いが起きていました。


ただ、くまに脅されるRJの様子や、町の住民からの依頼で乗り込んでくる害獣駆除業者のしかける罠など、小さい子供からは「こわい」の声も聞こえてきた事は確かです。

でも、大人達にはそのシーンこそがおもしろいかも…
続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(2) / TB(0)
やっとのことで「ダ・ヴィンチ・コード」

====ストーリー=================
講演会のためパリを訪れていたハーヴァード大学教授のラングドン。突然、深夜にフランス司法警察のファーシュ警部に呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出される。美術館長のソニエールが殺され、彼に捜査に協力して欲しいとの要請を受けるが、実は、ラングドンも容疑者にされていたのだった。そこにソニエールの孫娘で、暗号解読者のソフィーが現れる。ソフィーは、現場の写真を見て、祖父が自分だけに分かる暗号を残したことに気付く。
==============================



もう、上映が終了する直前になっちまった冷や汗

それでも、やっとの事で観てきました見る
「ダ・ヴィンチ・コード」


原作を友人に借りて読んでからいざ!

と思っているうちにこんな時期になってしまったヽ(≧Д≦)ノ


「パイレーツ…」や「MI3」に押し出されるように映画館に行ってきたのです。

いろいろと批評は聞いていたので、あまり大きな期待はせずに行ってきましたが、やはり…

続きを読む >>
ゆ〜みん / シネマ / CM(2) / TB(0)